継続して収入を得る|物件選びに手を抜かない|マンション賃貸経営のポイント

物件選びに手を抜かない|マンション賃貸経営のポイント

男性

継続して収入を得る

握手

アパートやマンションなどで投資を始めるにあたって、気になることと言えば収入源となる家賃でしょう。入居者を集っても部屋が埋まらない場合は、家賃を支払う人がいないため利益を得ることができません。借りに入居者がいたとしても、空室が多ければ多いほど安定した収入を得ることが難しくなるでしょう。そこで今利用者が増えているのが家賃保証です。一般的にはサブリースと呼ばれるものになりますが、家賃保証のサービスを利用することで一定の利益を得ることが可能です。また、例え空室がある状況でも収入を得ることができるので、不動産経営を行う人の間で注目されているシステムとなっています。

家賃保証を希望する場合は、専門会社と契約を結ぶ必要があります。所有している不動産の物件を専門業者が借りることで、オーナーに手数料を支払うサービスとなっているのです。ただし、家賃保証を利用する上で気をつけたいポイントがいくつかあります。まずは、専門会社の選び方です。専門会社の経営が安定していない場合は、家賃保証の契約を結んだとしてもその会社が倒産してしまう可能性があります。契約先が倒産してしまっては利益を得ることが不可能となりますし、大きな損害が発生することがあります。その次に、通常よりも家賃設定が低くなる可能性があることです。周辺環境の悪化や、環境の低下により減額されてしまうこともあります。そのため、家賃保証を利用する場合は、詳しい契約内容を事前に確認することが大切です。